外科クリニックの選び方|リウマチは内科クリニックで治療!外科治療についても要チェック

聴神経腫瘍を治療するなら、外科クリニックの選び方を学ぼう

外科クリニックの選び方

医者と看護師

技術力のある医師

聴神経腫瘍という病名を聞いたことが無い人はいるでしょう。脳内にある聴神経を取り巻いている大事な部分に腫瘍ができるのが、この聴神経腫瘍です。ただ、腫瘍はほとんど良性なので手術で取り除いて対応することができます。聴神経腫瘍の外科手術の時には、顔面神経を傷付けないことが大切になってきます。その為、施術を施す医師には、高い技術力が求められるのです。顔面神経を傷付けてしまうと、麻痺が起こります。顔の半分が歪んでしまったり、目や口が開閉できなくなることもあるのです。このように、顔面に麻痺が残ってしまうと、日常生活に支障をきたすようになるでしょう。精神的な負担もかなり大きくなってきます。その為、顔面麻痺を防ぐことが聴神経腫瘍の手術では最も重要視されているのです。場合によっては、腫瘍を一部を残すこともあります。このような手術は亜全摘と呼ばれており、技術力が必要とされるのです。外科クリニックで聴神経腫瘍の治療を受ける場合は、医師の技術力に注目してみましょう。

症例の多さ

手術の症例が多ければ多いほど、経験を積んでいると言えます。外科クリニックの症例をチェックして、聴神経腫瘍の経験が多いかどうかを調べてみましょう。聴神経腫瘍の場合、繊細な治療が求められてきます。神経を傷付けないように、慎重に手術をする必要があるのです。また、手術の経験が豊富でなければ、正しい施術を施すことができないでしょう。聴神経腫瘍の外科手術を成功させるためには、豊富な経験が必要不可欠なのです。基本的に奨励については、外科クリニックのホームページで確認することが可能でしょう。しっかりとホームページに目を通しておくようにします。画像つきで症例を紹介している外科クリニックなら、より信頼できるでしょう。どのような手術をするのか、イメージしやすくもなります。

必要な設備

設備が充実している外科クリニックを選ぶようにしましょう。しっかりとした設備が整っていなければ、聴神経腫瘍を発見することすらままならないのです。基本的に聴神経腫瘍はMRIによって発見されることが多いと言われています。そのため、MRIを持っている外科クリニックを探すようにしましょう。手術を施す場合も、MRIでの詳細な診断が必要不可欠となってきます。MRIなら、小さな腫瘍であっても発見することができるのです。CT検査で腫瘍を発見することも可能ですが、MRIほど細かい情報を入手することはできないと言われています。聴神経腫瘍を治療する場合、MRIの力を頼りことになるでしょう。設備にこだわって外科クリニックを選ぶようにするとよいです。